オフィスコーヒー導入でもたらされる効果|魅力的な付加価値

仕事とコーヒー

仕事がはかどる飲み物といえば

PC

コーヒーブレイクという言葉をよく聞くように、オフィスでよく飲まれている飲料といえば定番のお茶と共に、コーヒーの人気が高まっています。コンビニ等でも100円で淹れたてのコーヒーが販売されるようになってきました。オフィスコーヒーが好まれる理由として、コーヒーには覚醒作用のあるカフェインが多く含まれています。ボーっとしてしまう時の眠気覚ましや、集中力を高めたい時はお勧めの飲み物です。飲んでから20分くらいで効果が出てくると言われているため、会議の前は逆算して飲んでおくと良いかもしれません。また抗酸化作用は老化を予防してくれるとも言われています。冷え性の方など、飲みすぎるのは良くないですが、1日2杯コーヒーを飲む人は、飲まない人と比べて記憶力が高まるという調査もあるようです。

休憩タイムにはコーヒーを

立ち上る香りにホッと気持ちが安らぐオフィスコーヒー。コンビニやスーパーで売られている缶コーヒー飲料も最近では充実していますし、コーヒー専門店でのテイクアウトでは、様々な種類の豆やフレバーを選ぶこともできて、休憩時間に買いに行くのも楽しいでしょう。しかし、忙しい時に会社の外に買いに行くのは少々面倒なものです。最近ではオフィスコーヒーとして、ドリップタイプのコーヒーや、コーヒーサーバーを職場に設置しているというところも増えてきています。機械自体は無料レンタルしているものもあり、コーヒー1杯分の値段もお店で買うより安いということから、時間とお金の節約にもなります。これらのコーヒーも味の種類が豊富なので、選ぶ楽しみがあります。オフィスコーヒーで美味しく、仕事の効率が上がると沢山のメリットがあります。