オフィスコーヒー導入でもたらされる効果|魅力的な付加価値

コーヒーとオフィス

コーヒー

日本で初めてコーヒーが持ち込まれたのは十八世紀頃の長崎だといわれています。本格的に日本で一般的にコーヒーが楽しまれるようになったのは明治末期頃から大正にかけてです。現在、世界のコーヒー使用量を見ますと日本人のコーヒー使用量は世界でもアメリカ、ブラジル、ドイツなどに続いて四番目となっており、特にオフィスコーヒーがよく好まれる傾向にあるようです。缶コーヒーもその手軽さから根強い人気を誇りますが、職場内に専用のコーヒーサーバーを設置して各自でコーヒーを入れてオフィスコーヒーを楽しむ層も増えつつあります。オフィスコーヒーの補充は業者から専門の人がやってきて定期的にメンテナンスと一緒に補充をこなしてくれるサービスもありますが、各自で補充をするタイプのサービスもあります。会社によってさまざまなオフィスコーヒーの楽しみ方を検討することができます。

現在職場でのコーヒーの使用量は全体の二割程度といわれています。コンビニのコーヒーや外部で購入した缶コーヒーを職場に持ち込む人もいますが、オフィスコーヒーとして職場内に専用サーバーを設置している場合も多くなってきています。職場内にサーバーを設置する場合はいくつか注意点があります。オフィスコーヒー用のサーバーはレンタルなのか買取なのか、業者によってその扱いはちがいますし、なくなったコーヒーの補充についてもメーカー側が専用の人を月一回程度派遣してくれる場合もありますし、サーバーをおいている職場の人たちが自分で補充するシステムをとる会社もあります。会社によって契約内容はさまざまに異なりますので契約の際はどのようにしてコーヒーを補充するのか、コーヒーの追加購入はできるのかなど細かな点までよく話し合って会社を決めることが重要になります。